Reactions of football

サッカーに関する海外の反応をまとめたブログです。

    サッカーに関する海外の反応をまとめたブログです。

    本田圭佑

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    マスク緊急手配★ウィルス感染予防にも花粉症対策にも最適♪








    1:海外の反応
    この年のベストマッチ





    2:海外の反応
    ホンダ>トヨタ





    3:海外の反応
    とっても面白い試合、日本は懸命に戦ったけど勝つことはできなかった・・・とても悲しい





    4:海外の反応
    1:14
    香川はジダンのようだ





    5:海外の反応
    このイタリアは軽いな
    元のイタリアは、トッティ、ネスタ、ビエリ、ブッフォンがいて無敵だった



    6:海外の反応
    >>5
    そうだね。ロシアW杯はグループリーグを勝ち抜けるかどうか・・・



    7:海外の反応
    >>6
    スウェーデンのほうがよかったようだね(皮肉)





    8:海外の反応
    スタジアムに行ってよかった!
    俺が今までに見た中で最高のゲームだったよ





    9:海外の反応
    日本のディフェンダーは最悪だ。ここを改善しない限りW杯では勝てないよ



    10:海外の反応
    >>9
    すべてのアジアのチームが酷いよ



    11:海外の反応
    >>10
    日本がロシアW杯でどれだく上手く機能していたかを考えると、少なくとも10年かそこらでアジアのチームが実際にW杯の決勝に到達するかもしれないね






    12:海外の反応
    日本はアジア最高のチーム



    13:韓国の反応
    >>12
    韓国がベストだ



    14:海外の反応
    >>13
    頭大丈夫?



    15:韓国の反応
    >>14
    韓国は日本より優れています。申し訳ありませんが事実です。



    16:海外の反応
    >>15
    近年、韓国が国際大会でよかったことなんかあったか?



    婚活

    17:海外の反応
    俺はイタリア人だけどこの試合は日本の勝ちに値したと思うよ





    18:海外の反応
    日本は翼を欠いていたようだな





    19:海外の反応
    日本代表はイタリア戦やベルギー戦のような格上相手に2点先制すると、最後には負けるんだな。彼らは逃げ切るためのスキルを身に付けるべきだよ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    マスク緊急手配★ウィルス感染予防にも花粉症対策にも最適♪







    1:海外の反応
    ホンダ>トヨタ





    2:海外の反応
    日本人は全員中村からフリーキックを教わっているようだ



    3:海外の反応
    >>2
    彼はセルティックのレジェンドだ





    4:海外の反応
    誰もがホンダについて話しているが、遠藤は日本代表チームで素晴らしいキャリアを築いていたね。彼はもっと議論されるべき存在だ。





    5:海外の反応
    3:18 日本のGKのリアクションが好き





    6:海外の反応
    ホンダはアジアのレジェンドだよ





    7:海外の反応
    俺はこの代表チームが好きなんだ
    現実世界のキャプテン翼みたいでさ





    8:海外の反応
    今、彼はカンボジアのレジェンドだよ





    9:海外の反応
    カンボジア♡日本






    10:海外の反応
    そのやかましいラッパ(ブブゼラ)にイライラさせられることを思い出したよ





    11:海外の反応
    ボタフォゴが本田を獲得してからここにやってきた奴はいる?



    12:海外の反応
    >>11
    もちろんさ





    13:海外の反応
    本田のキックは最高だな





    14:海外の反応
    俺はこの日本代表チームが好きだった。イランからのご挨拶





    15:海外の反応
    2010年のW杯に岡崎がいた記憶がない





    16:海外の反応
    最も過小評価されているプレーヤーだろ





    17:海外の反応
    日本と韓国がアジア2トップだ




    18:海外の反応
    これが大空翼スピリッツだ

    このページのトップヘ